社会の変化に応じて改正されていく法律

法律は社会のルールを定めたものであり、人が社会生活をしていく中でトラブルを起こすことなく生活をしていけるようにするための細かな決まりが定められています。
何十年も前に定められたものから、つい最近になって定められたものまで多数あり、その全てを網羅的に理解している人はほとんど皆無でしょう。
しかし、基本的にはそのどれもが誰もが生活をする上で必要なものであるのが事実です。
一方、社会は常に変化しているものであることから、法律も常に一定のものであってはなりません。
その社会の変化に対応するようにして改正されていくというのが一般的です。
その程度も頻度もまるで異なるものの、社会として問題になっているものほど大きな変化が頻繁に起こることになります。
最近では医療や介護が社会的な問題として大きく取り上げられることが多くなっており、必然的に関連する法律が社会に適合するように改正されてきています。
よりによってより良い社会が築けるようになるからです。