前へ
次へ

お肌の美容のために乳液を正しく使おう

毎日お肌の美容のためにスキンケアをしっかり行っています。
特に、スキンケアに使用する乳液は保湿ケアを行ううえで大切なアイテムのひとつです。
特に年齢を重ねるにつれて乾燥が気になるようになってからは欠かすことができなくなりました。
乳液の使い方をもう一度見直し、正しく使用するようになって乳液の良さを実感するようになりした。
乾燥が気になる寒い冬の季節は、いつもよりも多めに乳液を手にとり、お肌に馴染ませます。
特に乾燥が気になるところには多めに馴染ませ、しっかりお肌に浸透させます。
たったこれだけでお肌がしっとりと潤い、もちもちのお肌になります。
逆に夏の暑い季節はTゾーンなどがオイリーになりやすいので、少なめの量を馴染ませています。
季節やお肌の状態に合わせて量を調整すれば、トラブルのないお肌を維持することができます。
ちなみに、私の場合は季節によって乳液を使い分けています。
夏はお肌のべたつきが気になるので、ウォータータイプのさらっとしたテクスチャーの乳液を使っています。
エアコンがきいているお部屋に一日中いると乾燥肌になるときがあるのですが、さらっとした乳液は多めにつけてもべたつくことがないので、快適に使うことができます。
季節に関係なく良い肌状態を保つために、これからも乳液を正しく使ってお肌の美容に役立てたいと思います。

Page Top