前へ
次へ

美容で大事なのは潤い

美容法に悩む女性にとって、美容皮膚科の女医が悩み解決の救世主になってくれることもあります。
例えば、敏感肌であれば、新作のコスメなどがあってもテスターすら肌トラブルを起こしそうで、なかなか手軽に試すことができません。
化粧品のせいだったのか、それとも自分の肌が敏感肌に移行してしまったのか、悩める日々を過ごしていることもあるでしょう。
肌に合わないのは化粧品の成分が強すぎるからだと誤解してしまっていた私、本当は肌に問題があるのです。
バリア機能が低下してしまうことが敏感肌へ拍車をかけていました。
もともとから乾燥肌だったのに、肌荒れによって基礎化粧品を使うのに躊躇う始末、その結果、バリア機能が低下して、健康肌ならば問題もないコスメでも、刺激になってしまっていました。
最後は、化粧水でさえもピリピリしてしまうようになっていて、せめて乾燥肌のタイミングで乳液やクリームを使い、しっかり保湿しておくべきでした。
それなのに毎日メイクは必要で、ばっちりアイメイクやリップメイクをしていたので、洗浄力の強いクレンジングオイルを使っていたり、角質や大事な潤いまで落としていたために敏感肌に移行してしまっていたのです。
女性だから、生理前には肌も敏感になるのに、体調も悪くなっていた生理中にもお手入れをしっかり目にしておけば、肌も応えてくれていたはずです。
新しい化粧品を試したとき、すでに肌は乾燥肌でしたし、そこで保湿成分配合の化粧品を選択しておけばよかったのかもしれません。
美容皮膚科医に相談したところ、敏感肌になりやすい肌質は乾燥肌でした。
ネイルケアでいえば、ベースコートにマニキュア、トップコートがまんべんなく潤いを覆ってくれています。
外からの物質の侵入も防ぎ、きちんとケアしている人はさらにその上からハンドクリームで油分を補給しているみたいです。
乾燥すれば、トップコートもマニキュアも剥がれやすくなり、つっぱりやすくなります。
粉ふきのサインもあったのに、こうなってからは何をつけても刺激に感じやすくなるのは分かりきっています。
敏感肌も乾燥肌も、大事にしたいのは潤い、保湿なのです。
なので今は、しっかりじっくりたっぷり時間と手間をかけてスキンケアに励んでいます。

大阪市北区にあるエステサロンスクール【カラアラ】
サロン運営でお困りの方に、親切丁寧に愛されるサロン作りをサポートします。

天然水のみを使用するビューティーサロン

立川で1人1人のお客様に合う施術をするマッサージ店
施術前にお客様の身体の調子をお伺いし、それらに合わせて施術内容の調整をしてくれます。

Page Top